新種のカニの名前に、ハリー・ポッターのスネイプ教授を採用!?

「ハリー・ポッター」の魔法使いにちなんで命名された新種のカニは、魔法こそ使いませんが、確かに魔法のように魅力的です。

そのカニはとても小さく7.9×5.6mmだと研究者は言います。

カニはどのようにみつかった?

1998年、コンリーはグアムの干潮の海で、水面から2メートル下に潜り、海岸に沿って珊瑚の瓦礫と岩を掘っていました。

そしてその隙間にいる、そのカニを見つけたのです。

当時海兵隊員だったハリー・コンリーが、グアムの海岸を岸に沿って掘っていた際、小さい甲殻類の何かを掘り出しました。

コンリーがカニを発見してから新種と認定されるまで実に20年の歳月がかかりました。

J・K・ローリングの小説「ハリーポッター」の熱狂的ファンである科学者が、スネイプ教授とハリー・コンリーの名前を使いそのカニを「Harryplax severus」と命名しました。

コンリーは2000年代初めにグアムでの調査で、フロリダ自然史博物館の海洋軟体動物学の担当者であるグスタフ・ポーレイにたくさんの発見を渡し、ポーレイはシンガポール国立大学の生物学者「ピーター・ン」と研究を共同で執筆しました。

ピーター、そしてポーレイの共著者であるシンガポール国立大学の生物学者ホセ・クリストファーE.メンドーサは、コンリーの仕事が「大幅に海洋学に貢献した」として、コンリーの新発見にコンリーの名前をつけたと研究に書き込みました。

なぜハリーポッター?

「新種の珍しい生き物を発見するコンリーの才能は魔法のようだ」とメンドーサは言いました。

命名のアイディアはメンドーサのもので、命名の機会に好きな架空のキャラクターの名前を含ませたいと思っていました。

共著者のピーターはコンリーと知人だったので、コンリーを説得するのは難しくなく、コンリーもこの名前を気に入ってくれました。と彼は言います。

種名、セウェルス(severus)には2つの意味があります。

「セウェルス」にはラテン語で「酷い」「荒い」「厳しい」と言う意味があり、「このカニを捕まえるまでのプロセスを暗示している」と述べています。

また、新種と認定されるまでに時間がかかったこの発見を、小説ハリー・ポッターに出てくる「セヴェルス・スネイプ教授」に例え、物語の中で最も重要な秘密を持っているにも関わらず、悪名高く誤解されている彼の性格を暗示している。最初に発見されてから約20年ですからと彼らは言います。

研究では、H. severusは深い場所に生息し、その環境に適応するため目は小さく、触覚は発達し、長く細長い足へと進化しているそうです。

via:livescience.com