【愛犬への接し方】怒り方編

ついつい言う事を聞かない愛犬に厳しくしてしまうことはありませんか?

ペットも感情を持っています。

あなたが怒った時、ペットはどんな気持ちなのでしょう。

恐怖と尊敬

怒鳴られることや叩かれる事が好きな人はいませんよね。厳しい罰は嫌なものです。

犬は人間の言葉を完全に理解できませんが、彼らは人間の感情を感じ取ることは出来ます。

あなたが繊細な犬や怖がりな犬を飼っていたのならば、怒ったときに愛犬が動揺したり、怖がったりいているのを見たことがあるかも知れません。

怒ったり厳しく叱る行為は、恐らく長い目で見ると効果はないでしょう。

なぜなら犬が怒られたことに対して鈍感になってしまうからです。

恐怖と尊敬は同じではないのです。

怒る代わりに

好ましい行動を褒め、同じ行動を繰り返させる教育訓練法が効果的だと言われています。

良くない行動を正したいとき、叩いたり怒鳴ったりする代わりに、正しい行動を根気よく教えてあげるのです。

例えば、口に入れてはいけない物を噛んだり食べてしまうようであれば「置いて」や「放して」を訓練してください。

良くないことをした時は「来て」や「私を見て」を教えて、犬の注意を自分に向けさせます。

褒めること

気を付けたいのは、犬が自分の言うことに応じた時に必ず褒めてあげることです。

犬は、あなたのざっくりとした「ダメ!」とか「止めなさい!」よりも

あなたの【特定の要求】に対して言うことを聞く傾向があるのです。

言うことを聞いたときに褒める この点を注意してみましょう。

via:about home