【愛犬への接し方】日中編

愛犬の気持ちをシリーズ化した「愛犬への接し方」も第五弾となりました。

本日は、あなたが家に居ないとき。愛犬は一体どんな事を思っているのでしょうか?

あなたが外出しているその時に

犬は集団を好む”社会的”な生き物。

狩りをしていた時代の名残でしょうか?一般的に孤独を嫌います。その中でも特に”人間”との交わりが必要な犬もいます。

極端なケースの場合、一人ぼっちで放置された犬が分離不安症になった可哀想な事例もあります。

飼い主が長い時間一緒にいることが出来れば良いのですが、ほとんどの飼い主は、自らの生活のために働かなくてはいけません。

しかし、愛犬はそのことを全く理解していません。

どうするべきなのか?

家にいる間、できる限り多くの時間を愛犬と過ごすことが大切です。

愛犬との絆を深めることに時間を使いましょう。

話掛けたり一緒に遊んだり、散歩も勿論。精神的な刺激を与えましょう。

あなたが頻繁に旅行に行くようであれば、あなたの愛犬も好きになる信頼できるペットシッターを見つけるのも手ですね。

とにかく孤独が苦手なのです。あなたが絶えず家を空ける人であるならば、そもそも犬(他のペットも含め)を飼うべきなのか考えてみましょう。