洪水で離れ離れの家族達

みなさんは落ち着く場所をもっていますか?

本日のお話は、自分の居場所を守ろうとする人と動物のお話です。

ボイスと名付けれらた高齢な馬は突然洪水に見舞われ、流され家がどこなのかわからなくなります。

慣れ親しんだ家を探すボイス、最愛の家族を必死に捜す飼い主。

離れ離れの家族達

3月上旬にニュージーランドのオークランドの北島を襲った洪水の被害は甚大で、ボイスと名付けられた20歳のサラブレッドの牝馬も流されてしまいました。

ボイスの飼い主は最愛の家族を必死に捜索しましたが、ボイスはどこにも見当たりません。

事故から13日後、何後もなかったかのように、ボイスは飼い主の元に帰ってきました。

軽い傷と、栄養失調を起こしている以外、ボイスはほぼ無傷。

「ボイスが川のどこから帰って来たのかわからないんだ。だって何度も何度もその川のあらゆる場所を捜したから。」とボイスの飼い主、リズ・カリーは語ります。

ボイスは本当に混乱して動けなくなっていました。

私はボイスについた泥を落とそうとお風呂にいれました。

泥はすべて川の砂でしたよ。

事故には困惑しましたが、リズはボイスが安全で元気であることを喜んでいます。

via:goodnewsnetwork