病室に流れる悲しくも優しい時間

ルールは秩序をもたらします。

しかし、その秩序に縛られると時に感情を抑える必要が出てきます。

ルールを守る事は大切なことですが、それ以上に人間らしく感情を持って生きる事は何より大切だと思います。

特別に規則を破ったこの病院の様に。

さよならを伝えるために

ライアンジェッセンは自身が片頭痛持ちだと思っていましたが、実はその片頭痛は心室脳出血によるものだと判明しました。

その病気により、ライアンは11月30日に亡くなります。

ライアンの最後の日、病院は彼が愛していた愛犬が病室に入る事を許可します。

主人の最後が迫る事を野性的に察知する愛犬。

病室には悲しくも優しい時間が流れます。

Rideout Memorial Hospital did the sweetest thing for us and allowed us to bring my brother's dog in to "say goodbye" so she'd know why her human never came home. If you knew my brother, he really loved his sweet dog. (So many people have asked – He thought he had a migraine, but it was a ventricular brain hemorrhage. They think it was brought on by high blood pressure, and there's speculation that his frequent consumption of energy drinks may have contributed. THANK YOU to everybody for the outpouring of support, but I won't be responding anymore. We are sincerely touched and humbled by others' stories, their sharing in our sadness and the kindness of so many people. Don't worry about the dog! We're keeping her!!! She's part of the family.) To use this video in a commercial player or in broadcasts, please email licensing@storyful.com

Michelle Jessenさんの投稿 2016年12月1日

この動画は、妹のミシェルジェッセンにより撮影され、フェイスブックに投稿したことから多くの人達に共有され、国境を越えて感動を与えました。

さよならって言うのはとても辛いことです。

でもいつかは私たちも死を迎えます。

あなたはさよならと言えますか?

via:goodnewsnetwork.org