とある世界大会から世界に願いを…

2014年、不細工犬世界大会で優勝したのはピーナッツという犬でした。

皆さんは、きっと面白い顔をしているのだろうと思ってピーナッツを見ると思います。

ピーナッツの生い立ち

ピーナッツはノースカロライナ州グリーンビルに住むホーリー・チャンドラーさんの飼い犬、雑種です。

飼い主のチャンドラーさんは、9ヶ月前に保健所で弱っているピーナッツを見つけて引き取りました。

獣医が推測するには、子犬の時から飼い主によりひどい虐待を受け、その内容は日常的に火で顔を焼かれるか、何か科学的な薬品で火傷をさせられていたと・・・

チャンドラーさんの思い

チャンドラーさんはピーナッツの優勝により、こう言うひどい目にあっている動物がたくさんいることを、みんなに知ってほしいと願っています。

また、賞金$1,500を獣医にかかるための費用が足りてない方に寄付しました。

チャンドラーさんは世の中から動物虐待が無くなることを願って、ピーナッツを動物虐待のシンボルにしようと考えています。

via:GAWKER